Team Bonne Chance!

Home » Uncategorized » 2017/08/06 第86回全日本自転車競技選手権 U15 篠原輝利 優勝、MJ 古川裕真 DNF

2017/08/06 第86回全日本自転車競技選手権 U15 篠原輝利 優勝、MJ 古川裕真 DNF

Recent Posts

Sponsors

2017 kiri shinohara

篠原輝利選手

全日本選手権のレースレポートです!

8月6日 第86回 全日本自転車競技選手権

クラス MU17+15
距離 28キロ

目標 U17+U15での 優勝

結果 U17 4位 U15 優勝

〜レースレポート〜
島根県益田市で行われた『全日本選手権』。
島根県で行われるとのことで移動は飛行機で、成田〜広島。
その後はレンタカーで島根県益田市へと移動!
体への負担は少ないまま前日受付、試走をしにレース会場へ!
レース会場に着いた時まず思ったことは。
あ、暑い…笑
気温は37℃あったそうな。。。
それでも暑さに負けず気合いで試走へ!
猛暑の中試走2周を終えライダーズミーティング、受付も終わりあとは明日レースをするだけとなりました。
全てが終え宿へ行き早めに寝て明日のレースへと備えました。

〜翌日〜
朝5時起床。目覚めも良く体の調子も最高であった。
5時半に宿を出て6時に到着。
受付を済ませすぐにアップへ!
アップを十念に行い招集場所へ移動しすぐにスタートラインへ。
スタートライン久々にあんなに緊張したなぁ笑
緊張感をほぐすべくスタート10秒に叫ぶ!
いざレースがスタートした。
最初の登りではたくさんのアタックがかかった、大半のアタックは吸収された。
しかし、登りでアタックをかけた有力選手3人の逃げは決定的なものになってしまった。
そのアタックには自分は反応できなかった。完全なる力不足であった。
そのまま1周回を終え最終周回へ!
最終周回で自分が残り5キロ地点にある牧場付近のきつい勾配のところでアタック!
だが、下りで垂れてしまい1キロ半ほどで吸収されてしまった。
その後も、集団内ではアタックがあったが決まらずそのまま集団スプリントへ。
最後のコーナーを先頭で曲がり残り350m横から何人かの人が自分を抜いていく。
残り200m。前から落ちてくる人を避けながら順位を上げていく。
残り50m。最後の力を振り絞り1人をまくり全体4位でゴール!
U17では4位.U15では優勝することができました!
来年はU17で必ず勝ちます!

そしてこの日の最高気温は39.3℃と今年最高気温であった。

よかった点
体調を整えることができた。
位置どりがよかった。

改善点
アタックに乗ること、反応ができなかった。
下りで垂れてしまった。
アタックが決められなかった。

今回のレースでは改善点がたくさんありました。
改善点を克服しさらに上に上に行けるように頑張ります!

レースでご一緒になられた方ありがとうございました!
また、レースを行うにあたり大会を運営してくれた皆様本当にありがとうございました!

使用機材
フレーム COUREUR
ホイル 中華
ギヤ 46-16
オイルSpin CHAEN OIL

http://www.cyclowired.jp/image/node/240880


2017 yuma furukawa

古川裕真選手

2017/08/06 ㈰
《レース名》第86回 全日本自転車競技選手権大会
《カテゴリー》MJ
《コース》14.2km×5
1.5km程の5~6%の登り、1km程の下り、7%の登りを1km、暫く下った後(途中に10%程の短い登りと平坦)下り基調の平坦区間。
《結果》DNF(4周目)

前日の試走は2周。1周目はレース強度で走り、2周目は流しながら念入りにコース確認。ただ、立っているだけで汗が流れ落ちてきた。走ってる間は我慢出来ても止まって風に当たらなくなると物凄い暑さ。いや、熱さ!体から火が出るかと思った。この日から水分をたくさん取ってレースに備える。そして8時就寝。備えはバッチリ。

アップは心拍を上げるだけで、なるべく短めに切り上げた。スタート地点は最前列。

最初は先頭を引く。その後も集団前方をキープ。1周目はほとんど動きがない。
2周目、補給を使用とするが失敗。補給をしようと端に寄っていたため、ポジションを大きく下げてしまう。登りで大分戻るが下りでまた下がってしまう。後ろで少し苦しそうな仲間がいたので声をかけてみた。
3周目、補給成功。間にほかの選手が入ってしまったが、その人がうまく下に避けてくれたお陰で何とかボトルを取れた。
その後は集団内で逃げるタイミングを伺う。ただ、どうしても下りと、その後の下り基調の平坦でポジションが落ちてしまう。
4周目、補給ボトルを落としてしまったが2回目は何とか取った。しかし、その間にアタックがかかったようで大きくメイン集団から大きく遅れてしまった。補給所では集団が縦に大きく伸びてる事もあってアタックに気づけなかった。
貯めていた脚を使って集団を追うが、かなり差がついていたのでなかなか詰まらない。下りでは速度に乗れず、下りの苦手な自分が恨めしかった。2回目の登りで体が急に動かなくなり、軽いめまいがした。ここへ来ての熱中症。その後、何人かでグルペットを形成するが、うまく回らず速度も上がらない。単独で行こうとするがそこまでの脚は無かった。
最終周回には入れると思っていたが残念ながら足切り。

補給にこだわった事が、アタックに気付けないという事態を招いてしまった。レース中、かなり調子が良く、脚もうまく残せていたように感じていたのが残念だ。しかしこれが今の実力なのだろう。
最近のレースは距離が短いのが多いので練習もそれに備えていたので、後半にうまく対応出来なかった。来年からは距離が大きく伸びるので今後の練習は距離を増やして行くようにする。

応援ありがとうございました。
暫くレースがないので練習に専念します。


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: