Team Bonne Chance!

Home » Uncategorized » 2017/04/23 JBCF 東日本ロードクラッシック Day2 Y 古川裕真 22位

2017/04/23 JBCF 東日本ロードクラッシック Day2 Y 古川裕真 22位

Recent Posts

Sponsors

yuma-furukawa

古川祐真選手

4/23 (日)
《レース名》JBCF 東日本ロードクラッシック Day2
《カテゴリー》Y
《完走/出走》45/62
《距離》30km

《目標》チーム員の誰かが優勝
《結果》22位(エースが6位)

Day2の基本方針は高清水さん、成くんが逃げ、中井さんがエーススプリンター、玲と自分をアタック潰しやアシストとするチーム戦。
有力選手のチェックをした後、レース序盤から動けるように念入りにアップをしておいた。
レース開始後は有力選手達の様子を見ながら、ほぼ全てのアタックに反応するようにしていた。
四周回目が終わった辺りで逃げていた高清水さんに集団が追いつく。合流の数秒前、ブラウブリッツェンの小野寺選手がアタックする気配がしたのでいつでも付ける位置に移動。
予想通り小野寺選手アタック。他に数人が反応するが、合流した選手はいなかった。アタックを予想していたのにつき切れして焦るが下りを全力で行って何とか追いつく。
小野寺選手が速すぎて先頭交代もあまり出来なかったが、集団との差は15秒程まで開いた。
先導のバイクが落車していたこと以外は特にトラブルも無く、順調に2人で逃げていた。
最終周回の心臓破りでは10秒のタイム差があると言われたので、逃げ切れるかな?逃げ切ったとしたら自分はスプリントしちゃダメなヤツかな?などと考えながら後ろを確認したら2人、集団から飛び出してきた。そしてそのまま集団が近ずいてくる。
そして、ゴール400m手前ほどで集団に追い抜かれる。集団に食らいつこうとして脚を使い切り、スプリントは全くできず惰性でゴール。

《良かった点》
かなり長めの逃げをかますことが出来た
そこそこなチーム連携が出来ていたと思う

《改善点》
スプリントまで脚を残せない
逃げ切るには脚がまだ足りない
小野寺選手を追う時にチーム員に声をかけて、3人で逃げれば集団に追いつかれなかったかもしれない


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: